フリーバスコラム
2017/08/31

安全・安心のためフリーバス企画が実行していること

jkamui173
フリーバス ブログ

安全・安心への取り組み その1

 

工場出荷前の仮組み立て

 

私たちフリーバス企画はオーダーメイドシステムバスを工場から出荷する前に、
私たちフリーバス企画は、工場内でシステムバスの仮組み立てを行っています。

オーダーメイドのシステムバスを出荷前に工場内で仮組み立てをすることにより
お客様に大きな安心をお届けできることを確信しています。

 

オーダーメイドのシステムバスが、工場から出荷され、建築現場に納品されると
そこで初めて施工担当者の手に委ねられることになります。
建築現場には、パーツを持ち込み、組み立て施工者の手により初めて製品に生まれ変わります。
ここが、工場完成品を納品する場合との大きな相違点です。

さらに、オーダーメイドのシステムバスは、一品一品全く異なる製品を生産します。
毎度、新たな気持ちで取り組むことが必要なのです

 

オーダーメイドのシステムバスをお届けするにあたり以下の2つの大きな問題解決になります。

 

①   製品の不具合を事前にチェックできる。

 

オーダーメイドのシステムバスは、一品一品が全く違う商品です。

製品毎に、納まり、素材、大きさ等が異なります。

同じものを大量に生産するものと違い、一品一品丁寧に各パーツを点検することがとても

重要です。

 仮組み立てを行うことによって、部品の不具合・納まりの不具合等を事前に解消することが

出来ます。工場内問題点の発見なので対応がスムーズにそして瞬時に行うことが出来ます。

 

②   施工担当者が、バスルーム施工上のポイントを事前に把握できる。

 

納品現場に納品する前に、オーダーメイドシステムバスに触れることが出来る。

これは、とても重要なポイントです。

このことにより、不足部材のチェック・工具のチェック・外部購入部材の把握が可能になります。
このことは、施工担当者が仕事の段取りをしっかりと頭に描くことが出来、現場でのミスがなくなり、
事故防止の安全性にもつながるとフリーバス企画は考えます。

施工担当者のストレス軽減にもつながります。未知のものは不安ですよね。

 

この工場出荷前のシステムバスの仮組み立ては、コスト的にみると効率的ではないかもしれません。

しかし、お客様に安全・安心をお届けする確実な方法であるとフリーバス企画は考えます。

フリーバス企画安全安心

防水パンを設置し仮組み立て開始です。
まずは目視によるチェック。

フリーバス企画安全安心

防水パンの水張検査も終了しています。

フリーバス企画安全安心

防水パンの表面の傷も念入りにチェックします。

フリーバス企画安全安心

壁を立て込んでいきます。

 フリーバス企画安心安全

 フリーバス企画安心安全

 壁と防水パンの接合部分に不具合がないかチェックします。

この出荷前の工場での仮組は、実際に現場で施工する担当者が行います。

システムバスの製作担当者と現場施工者との接点が出来、製品の品質向上にも
とても好影響を及ぼしています。

 

仮組を行ったバスルームの完成イメージCG。

フリーバス企画安心安全

フリーバス企画安心安全

 

 

バスルームリフォームにも安心安全の「SPA LEVANTE」